THREAD-スクリプト構文(スレッド生成して実行):UWSC,

<スレッド生成>
 // スレッド生成して実行する事ができます
 THREAD 関数名()    // 関数は別スレッドにて実行される

 

【例:サンプル】
// スレッドとメインにてカウント
Thread カウント()           // スレッドは噴出しにてカウント
print “メイン”
cnt = “1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10″
for i = 1 to 10
  print Token(“, “, cnt, True)    // メインはPRINTにてカウント
  Sleep(1)
next

procedure カウント()
  for i = 1 to 10
    Fukidasi(“スレッド ” + i)
    Sleep(1)
  next
fend

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す