TEXTBLOCK ‐ ENDTEXTBLOCK-スクリプト構文(複数行文字列の定義):UWSC,

<複数行文字列の定義>
 // 複数行にわたる文字列を変数として定義します
 //TEXTBLOCK 定義名
    文字列……….
    文字列……….
 //ENDTEXTBLOCK

 

【例:サンプル】
// 計算画面
obj = CREATEFORM(“about:blank”, “Calc”, True, FOM_NOHIDE)  // フォーム生成
obj.Document.write(計算フォーム)       // HTMLを書き込む
while obj.Visible              // 画面が出ている間
  ifb GETFORMDATA(“CalBtn”)        // 計算ボタンが押された
    a = VAL(GETFORMDATA(“Text1″))
    b = VAL(GETFORMDATA(“Text2″))
    ifb (val(a)=ERR_VALUE) or (val(b)=ERR_VALUE)
      MsgBox(“数値を入れてください”); Continue
    endif
    anser = obj.Document.body.all.tags(“font”).item[0]
    select GETFORMDATA(“Select1″)
      case “足し算”; anser.innerText = a + b
      case “引き算”; anser.innerText = a – b
    selend
  endif
  Sleep(0.1)
wend

TextBlock 計算フォーム           // 計算フォーム.html
 

  
  

  
  

  答え
 

EndTextBlock

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す