IFB – ELSEIF – ELSE – ENDIF -スクリプト構文(複数の条件分岐):UWSC,

 <制御文>  [ ] 内は省略可能
 
// IF のブロック文 IF(もしくはIFB) ENDIF

 IF 式 [THEN] (もしくはIFB)
   真
 [ELSEIF 式 [THEN]]
   :
 [ELSE]
   偽
 ENDIF

 

【例:サンプル】
// メモ帳起動
If MsgBox(“メモ帳を起動しますか?”, BTN_YES or BTN_NO) = BTN_YES then Exec(“notepad”)
// メッセージ
メモID = GETID(“メモ帳”)
Ifb メモID < 0 then
  Fukidasi(“メモ帳は起動されていません”, 100, 100, 1, 16, “MS 明朝”)
  Sleep(5)
  Fukidasi()         // 吹き出し消す
Else
  SendStr(メモID, “メモ帳は起動されています”)
  Sleep(5)
  CtrlWin(メモID, CLOSE)         // メモ終了
  ClkItem(GETID(“メモ帳”), “いいえ”)   // 保存はしない
endif

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す