Call 文 スクリプト(UWSファイル)を呼び出す-スクリプト構文(UWSCの呼出):UWSC,

 <制御文>  [ ] 内は省略可能
 
// Call 文 スクリプト(UWSファイル)を呼び出す
 CALL UWSファイル名             // 拡張子(uws)は省略可
 CALL UWSファイル名.uws(xxx, xxx, …)  // 引数を付けた場合に値は PARAM_STR[] 変数に入る

 ※ UWSファイル名の割り当てに変数を使用する事はできません

 

【例:サンプル】
// マウス水平移動、 別スクリプトファイルの呼出し
// For - Next
For x = 0 to 600
  MMV(x, 200)       // マウスムーブ
  If (x mod 100) = 0 then Call .TEST.uws  // 100ドット毎にTEST.uws の実行
  Sleep(0.1)
Next

// While - Wend
x = 0
While x < 600
  MMV(x, 200)
  If (x mod 100) = 0 then Call .TEST.uws
  x = x + 1
  Sleep(0.1)
Wend

// Repeat - Until
x = 0
Repeat
  MMV(x, 200)
  If (x mod 100) = 0 then Call .TEST.uws
  x = x + 1
  Sleep(0.1)
Until x > 600

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す