XLSETDATA関数(Excelのセルへの値設定):UWSC,

// Excel操作関連 (Pro版のみ)

  ( または OpenOffice.org / LibreOffice の表計算(Calc)の操作 )

// Excel セルへの値の設定
戻値 = XLSETDATA( Excel, 値, [セル位置, Column, Sheet名] )
引数
 Excel: Excel(またはOOoのCalc)のCOMオブジェクト
 値: 設定する値
 セル位置: A1形式、もしくはR1C1形式の行を指定 (省略された場合は現在の選択セル)
 Column: R1C1形式時の列
 Sheet名: 指定シートへ設定(指定がなければアクティブシート)
戻値
 TRUE:正常、 FALSE:処理不能

 ※ 配列を渡す時にRangeの大きさを指定する必要はありません( [2,2]の配列を渡す時に”A1B2″ではなく、”A1″だけで可 )

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す