XLOPEN関数(Excelの起動):UWSC,

// Excel操作関連 (Pro版のみ)

  ( または OpenOffice.org / LibreOffice の表計算(Calc)の操作 )

// Excelの起動(または OOoのCalcの起動)
戻値 = XLOPEN( [ファイル名, 起動フラグ, パラメータ, パラメータ, ...] )
引数
 ファイル名: 読み込むファイル名、 新規の場合は省略
 起動フラグ:
     0(デフォルト)  // 起動済みのExcelがある場合はそれを、なければ新規にExcelを起動
     XL_NEW, True(1) // 既にExcelが存在しても 新規にExcelを起動
     XL_BOOK      // ExcelにてBOOK単位で制御したい場合(BOOKのオブジェクトを返す)
     XL_OOOC      // OpenOffice.org / LibreOffice の表計算(Calc)の起動
 パラメータ: ファイルオープンに対し追加パラメータがある場合に(”password:=1234″, “ReadOnly:= True” 等)
戻値
 ExcelのCOMオブジェクト (XL_OOOC指定時は OOoのCalc のオブジェクト)

【例:サンプル】
// Excel操作
// 指定Excelファイルを読み、Sheet2のB2セルの値を変更して書き戻して終了
Excel = XLOPEN(“C:TEMPTEST.xls”)
XLACTIVATE(Excel, “Sheet2″)
dd = XLGETDATA(Excel, “A1:C3″)
print “A1=”+dd[1,1]
print “B2=”+dd[2,2]
print “C3=”+dd[3,3]
dd[2,2] = “変更”
XLSETDATA(Excel, dd, “A1″)
XLCLOSE(Excel)

// 新規にExcelを起動してUWSCの配列を設定、保存せずに終了
Excel = XLOPEN(True)
DIM dat[3, 3]
dat[1,1]=”11″; dat[1,2]=”12″; dat[1,3]=”13″
dat[2,1]=”21″; dat[2,2]=”22″; dat[2,3]=”23″
dat[3,1]=”31″; dat[3,2]=”32″; dat[3,3]=”33″
XLSETDATA(Excel, dat, “B2″)
MSGBOX(“保存せずに終了します”)
XLCLOSE(Excel, True)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す