STATUS関数(ウィンドウの各種状態を返す):UWSC,

// ウィンドウの各種状態を返す
戻値 = STATUS( ID, 取得したいもの )
引数
 ID: Windowを識別するID
 取得したいもの: 以下の定数
   ST_TITLE    // タイトルを返す
   ST_CLASS    // クラス名を返す
   ST_X      // X座標を返す
   ST_Y      // Y座標を返す
   ST_WIDTH    // 幅を返す
   ST_HEIGHT    // 高さを返す
   ST_CLX     // クライアント領域のX座標を返す
   ST_CLY     // クライアント領域のY座標を返す
   ST_CLWIDTH   // クライアント領域の幅を返す
   ST_CLHEIGHT   // クライアント領域の高さを返す
   ST_PARENT    // 親ウィンドウのIDを返す、親が無ければ-1
   ST_ICON     // アイコン状態であればTrue、でなければFalse
   ST_MAXIMIZED  // 最大化状態であればTrue、でなければFalse
   ST_VISIBLE   // 通常の表示状態であればTrue、でなければFalse
   ST_ACTIVE    // アクティブ状態であればTrue、でなければFalse
   ST_BUSY     // ビジー状態であればTrue、でなければFalse
   ST_PATH     // EXEのパスを返す
   ST_PROCESS   // プロセスIDを返す
   ST_WIN64    // 64bitアプリであればTrue、でなければFalse
   ST_MONITOR   // 表示されているモニタ番号を返す

【例:サンプル】
// 全部のウィンドウ情報を表示する 又アイコン状態のものは元に戻す
数 = GETALLWIN()  // 全IDゲット
Print 数
For i = 0 to 数-1
  print STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_TITLE)   // タイトル表示
  // 状態表示
  print “X=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_X) + “,Y=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_Y)
  print “幅=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_WIDTH) + “,高=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_HEIGHT)
  print “IsICON=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_ICON)
  print “,IsVISIBLE=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_VISIBLE)
  print “,IsACTIVE=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_ACTIVE)
  // アイコン状態のものは元に戻す
  If STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_ICON) then CtrlWin(ALL_WIN_ID[i], NORMAL)
Next

// リストボックスに在る物を全て表示する
id = GetID(“Form1″)
for i = 0 to GetItem(id, ITM_LIST, 1)-1
  print ALL_ITEM_LIST[i]
next

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す