SPEAK関数(音声合成):UWSC,

// 音声合成
SPEAK( 発声文字, [平行処理フラグ, 中断フラグ] )
引数
 発声文字: 発音させたい文字列
 平行処理フラグ:
   FALSE: 発声終了まで待つ (デフォルト)
   TRUE: 終了を待たずに平行処理
 中断フラグ:
   FALSE: 発声中の音があれば終了まで待つ (デフォルト)
   TRUE: 発声中の音がある時はその音は中断する

【例:サンプル】
// 音声認識: ”コンピュータ”、”電卓”、”メモ帳”、”切換え”, “終り”  の5つの単語を使用
dim cmd[3] = “コンピュータ”, “電卓”, “めもちょう”
RECOSTATE(True, cmd, “きりかえ”, “おわり”)  // 開始、単語登録
While True
 ss = DICTATE(True)      // 取得
 print ss
 select ss
  case “コンピュータ”
    sound(“BEEP”)
  case “電卓”
    exec(“calc.exe”)
  case “めもちょう”
    exec(“notepad.exe”)
  case “きりかえ”           // アクティブウィンドウの切換え
    SCKEY(0, VK_SHIFT, VK_ALT, VK_TAB)
    ss = ss + ” ” + STATUS(GETID(GET_ACTIVE_WIN), ST_TITLE)
  case “おわり”
    SPEAK(“ByeBye”); break     // 音声合成
 selend
Wend
RECOSTATE(False)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す