SOUND 関数(サウンドの再生):UWSC,

// サウンドの再生
SOUND( ファイル名, [同期フラグ] )
引数
 ファイル名: 再生ファイル名 (WAV, MID, AVI等、 ’BEEP’ 指定にてBEEP音)
        もしくはサウンドにて割り当てられたイベント名(’LowBatteryAlarm’, ‘MailBeep’, ‘SystemAsterisk’等)
       (ファイル名を省略すると再生をストップ)
 同期フラグ:
   FALSE: 待たない (デフォルト)
   TRUE: 終了を待つ

 ※ ‘BEEP’指定時:32bitOSではPC内部スピーカだが、64bitOSでは通常のサウンド出力

【例:サンプル】
// DOSコマンドによるファイルのコピー
Sound(“c:winntmediacanyon.mid”)     // バックミュージック
MsgBox(“バックアップをとります”)
DosCmd(“Copy c:*.uws c:temp*.bak”)   // バックアップ
Sound()                  // STOP
Sound(“beep”)               // BEEP

// 強制電源断
POFF(P_POWEROFF or P_FORCE)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す