SLICE関数(配列の範囲を指定し値を返す):UWSC,

// 配列の中を指定範囲の配列で返す
戻値 = SLICE( 配列変数, [開始, 終了] )
引数
 配列変数: 配列変数名
 開始, 終了: 取り出す配列の開始位置、終了位置の添え字を指定
戻値
 作成された一次元配列(SAFEARRAY型)

【例:サンプル】
// ソート
dim dat[1][4]
dim dat2[4]
dat[0][0]=5; dat[1][0]=”A”; dat2[0]=”V”
dat[0][1]=3; dat[1][1]=”B”; dat2[1]=”W”
dat[0][2]=9; dat[1][2]=”C”; dat2[2]=”X”
dat[0][3]=2; dat[1][3]=”D”; dat2[3]=”Y”
dat[0][4]=6; dat[1][4]=”E”; dat2[4]=”Z”
QSort(dat[0], 0, dat[1], dat2)  // 昇順、多次元配列は一次元単位にして設定
for i = 0 to 4
  print dat[0][i] +”,”+ dat[1][i] +”,”+ dat2[i]
next
// 結果
// 2,D,Y
// 3,B,W
// 5,A,V
// 6,E,Z
// 9,C,X

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す