SETSLIDER関数(スライダーの値を設定する):UWSC,

// スライダー(トラックバー、スクロールバー)の値を設定する
戻値 = SETSLIDER( ID, 値, [番号] )
引数
 ID: Windowを識別するID
 値: 設定する値
 番号: 左上からのコントロールの順番 (1から指定)
戻値
 TRUE:正常, FALSE:処理不能 

 ※ 値として定数 GET_SLIDER が設定された場合には値の取得として機能し値を返す

【例:サンプル】
// 画面解像度を変更する
Exec(“Control Desk.cpl”)         // 画面プロバティ起動
id = getid(“画面のプロパティ”, “#32770″)
ClkItem(id, “設定”, CLK_TAB)
kz = GETSLIDER(id)            // 0:640, 1:800、 2:1024  
if kz > 0 then SETSLIDER(id, kz-1)    // 解像度を一段下げる  
ClkItem(id, “True Color (32 ビット)”, CLK_LIST)
ClkItem(id, “OK”, CLK_BTN)
ClkItem(GETID(“画面”), “OK”, CLK_BTN)
ClkItem(GETID(“モニタの設定”), “はい”, CLK_BTN)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す