SETHOTKEY関数(ホットキーの設定):UWSC,

// ホットキーの設定
戻値 = SETHOTKEY( キーコード, [修飾子キー, Procedure名] )
引数
 キーコード: 使用するキーコード
 修飾子キー: (省略可、複数指定可)
        MOD_ALT(Alt), MOD_CONTROL(Ctrl), MOD_SHIFT(Shift), MOD_WIN(Win)
 Procedure名: UWSC側の呼び出される Procedure名
        省略された場合にはホットキーの解除
戻値
 TRUE:成功、 FALSE:失敗

 ※Procedure内にて変数 HOTKEY_VK にキーコード、HOTKEY_MOD に修飾子キー が格納されている

【例:サンプル】
// GETKEYSTATEによる Aキー、SHIFTキー、マウスクリックをチェック
while True
  wks = “”
  if GETKEYSTATE(VK_A) then wks = wks + “,A”
  if GETKEYSTATE(VK_SHIFT) then wks = wks + “,SHIFT”
  if GETKEYSTATE(VK_RBUTTON) then wks = wks + “,右クリック”
  if GETKEYSTATE(VK_LBUTTON) then wks = wks + “,左クリック”
  Fukidasi(Copy(wks,2,99))
  if wks <> “” then sleep(0.3)
  sleep(0.2)
wend

// SETHOTKEYによる キーチェック
for k = VK_A to VK_F
  SETHOTKEY(k, ,”fuckey”)     // AからFまでキー登録
next
SETHOTKEY( ,MOD_CONTROL, “fucx”)  // CTRLキー の登録
SETHOTKEY(VK_A, MOD_SHIFT, “fucx”) // Shift + A の登録
Sleep(100)
for k = VK_A to VK_F
  SETHOTKEY(k)          // 解除
next
// End
Procedure fuckey()
  print CHR(HOTKEY_VK) + “が押された”
Fend
Procedure fucx()
  if HOTKEY_MOD=MOD_CONTROL then print “CTRLが押された”
  if (HOTKEY_VK=VK_A) and (HOTKEY_MOD=MOD_SHIFT) then print “Shift + Aが押された”
Fend

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す