SCKEY関数(ショートカットキーの実行):UWSC,

// ショートカットキーの実行
SCKEY( ID, キー, [キー, キー, キー, ...] )
引数
 ID: Windowを識別するID
 キー: アルファベット1文字もしくは仮想キー(VK_*)

 ※ 動作としてVK_SHIFT, VK_CTRL, VK_ALT, VK_WIN のキー指定は押し下げ状態のまま処理する
   指定するウィンドウがない場合には IDに 0を指定

【例:サンプル】
// Explorerを開き バージョン確認
Exec(“Explorer”)
For i = 0 to 100         // 開くまで待つ
  id = GETID(“”, “CabinetWClass”)
  if id > 0 then break
  Sleep(0.1)
Next
SCKEY(id, VK_ALT, H, A)      // ヘルプ -> バージョン情報
s = GetStr(GETID(“バージョン情報”), 2, STR_STATIC)
SendStr(0, s)           // クリップボードへ

// クリップボード貼付け
メモID = EXEC(“notepad”, 0, 100, 10, 400, 400)
SCKEY(メモID, VK_CTRL, V)

// 文字置換
wks = GETSTR(メモID)
wks = REPLACE(wks, “abc”, “xyz”)  // abc ->xyzに置換
Print wks

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す