SAVEIMG関数(画像保存):UWSC,

// 画像の保存
SAVEIMG( 画像名, [ID, x, y, 幅, 高さ, クライアント指定, JPEG指定] )
引数
 画像名: 保存ファイル名 (BMP/JPEG形式)
 ID: Windowを識別するID (0 であればスクリーン全体)
 X、Y: 位置
 幅,高さ: 大きさ
 クライアント指定:
   FALSE: 指定ウィンドウ全体 (デフォルト)
   TRUE: クライアント領域
 JPEG指定: 1(高圧縮)~100(低圧縮) までの圧縮率を指定すると JPEGにて保存、 0(デフォルト)は BMPにて保存

【例:サンプル】
// カーソル位置の色を表示
x = G_MOUSE_X; y = G_MOUSE_Y
c = PeekColor(x, y)
PRINT “赤=”+G_赤(c)+”,緑=”+G_緑(c)+”,青=”+G_青(c)

// タスクトレイのアイコンを左クリック
Ifb CHKIMG(“タスクトレイアイコン.BMP”)
  BTN(LEFT, CLICK, G_IMG_X+5, G_IMG_Y+5)
Endif

// ウィンドウ “あいう”の画像を保存
SaveImg(“あいう.BMP”, GETID(“あいう”))

// 以下 関数
function G_赤(c)
  Result = c and $FF
fend
function G_緑(c)
  Result = (c and $FF00) / $100
fend
function G_青(c)
  Result = (c and $FF0000) / $10000
fend

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す