SAFEARRAY関数(SAFEARRAY型の作成):UWSC,

// SAFEARRAY型の作成
戻値 = SAFEARRAY( 下限, 上限, [二次元下限, 二次元上限] )
引数
 下限: 配列の下限を設定
 上限: 配列の上限を設定
 二次元下限: 二次元配列の下限を設定
 二次元上限: 二次元配列の上限を設定
戻値
 作成されたSAFEARRAY型を返す
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す