READINI関数(INIファイル読み込み):UWSC,

// INIファイル 読み込み
戻値 = READINI( セクション, キー, [INIファイル名] )
引数
 セクション: セクション名
 キー: キー名
 INIファイル名: デフォルト(省略時)では、カレントディレクトリに スクリプト名.INI
戻値
 取得した値

【例:サンプル】
// INIファイル処理
// ‘スクリプト名’.INI に対し読み書き
WriteIni(“Number”, “No1″, 111)
WriteIni(“Number”, “No2″, 222)
WriteIni(“Number”, “No3″, 333)
print “No2 = ” + ReadIni(“Number”, “No2″)  // print No2
DeleteIni(“Number”, “No1″)          // 削除 No1

// UWSC.INI ファイルから Position情報を読み込む 
print “Position = ” + ReadIni(“SET”, “Position”, GET_UWSC_DIR+”UWSC.INI”)

——————————————————————————–

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す