POWERSHELL関数(POWERSHELLの実行):UWSC,

// POWERSHELLの実行
戻値 = POWERSHELL( コマンド, [同期フラグ, 画面表示] )
引数
 コマンド: POWERSHELLのコマンド
 同期フラグ:
   FALSE: 終了を待つ (デフォルト)
   TRUE: 待たずに戻る
 画面表示:
   FALSE: POWERSHELL画面を表示しない (デフォルト)
   TRUE: 表示する
   2:   最小化状態で起動する
戻値
 標準出力を返す (同期フラグがTrue、もしくは画面表示がTrue,2の場合は返しません)

【例:サンプル】
// PowerShellの実行
// C:のファイル表示(ファイルサイズ順で)
print PowerShell(“Get-ChildItem C: | Sort-Object Length”)

// $dat配列(1~10)の値を足しながら表示
print PowerShell(prg)

TextBlock prg
$dat = 1,2,3,4,5,6,7,8,9,10
$val = 0
foreach ($v in $dat)
{
$val= $val + $v
Write-Output $val
}
EndTextBlock

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す