POSACC関数(座標位置の文字(情報)を取得):UWSC,

// 座標位置の文字(情報)を取得する
戻値 = POSACC( ID, クライアント座標X, クライアント座標Y, [モード] )
引数
 ID: Windowを識別するID (スクリーン全体の場合は 0)
 座標: クライアント座標 (ID= 0 の場合はスクリーン座標)
 モード:
   0         // (デフォルト) ACC_ACCの実行、取得ができなければACC_API を実行
   ACC_ACC      // 表示文字の取得 (アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_API      // DrawText, TextOutなどのAPIをトラップ (WinXP以上、64bitアプリNG)
   ACC_NAME      // 名前  (アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_VALUE     // 値   (アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_ROLE     // 役割  (アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_STATE     // 状態  (アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_DESCRIPTION  // 説明  (アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_LOCATION   // X,Y,幅,高さ(アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_BACK      // ウィンドウをアクティブ化しない (他モードに付加して使用)
戻値
 取得した文字(情報)

【例:サンプル】
// マウス位置の文字取得
While True
  x = G_MOUSE_X; y = G_MOUSE_Y     // マウス位置
  id = GETID(GET_FROMPOINT_WIN)     // アクティブウィンドウ
  ofx = x – STATUS(id, ST_CLX)     // 相対位置
  ofy = y – STATUS(id, ST_CLY)
  wks = PosACC(id, ofx, ofy, ACC_BACK)
  wks = wks + “<#cr>” + “x=”+ofx+”, y=”+ofy
  Fukidasi(wks, x+10, y+10, 3)
  Sleep(1)
Wend

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す