POPUPMENU関数(ポップアップメニュー):UWSC,

// ポップアップメニュ
戻値 = POPUPMENU( メニュ項目, [X, Y] ) 
引数
 メニュ項目: 表示メニュ項目を配列変数にて渡す
       (サブメニュは { } にて指定: a,b,{c, d},e の場合は c,dがbのサブメニュになる)
 X、Y: 表示位置 X、Y (デフォルトはマウス位置)
戻値
 選択された項目の配列変数位置

【例:サンプル】
// ボタン選択
SELECT SLCTBOX(SLCT_BTN, 10, “どれか選んでね”, “AAAA”, “BBBB”, “CCCC”)
 CASE SLCT_1
  FUKIDASI(“1番目が選ばれました”)
 CASE SLCT_2
  FUKIDASI(“2番目が選ばれました”)
 CASE SLCT_3
  FUKIDASI(“3番目が選ばれました”)
 CASE 0
  FUKIDASI(“タイムアウトしました”)
SELEND
Sleep(3)
FUKIDASI()

// チェックボックス(複数選択の可能性あり)
ans = SLCTBOX(SLCT_CHK, 0, “必要なものをチェックしてね”, _ // 行結合
    ”AAAA”, “BBBB”, “CCCC”)
wks = “”
if (ans and SLCT_1) <> 0 then wks = wks + “1番目”
if (ans and SLCT_2) <> 0 then wks = wks + “2番目”
if (ans and SLCT_3) <> 0 then wks = wks + “3番目”
FUKIDASI(wks + “が選ばれました”)
Sleep(3)
FUKIDASI()

// CASE の定義は文字でも数値でも変数でもOK
wkmoji = “BBB”
SELECT INPUT(“なんか入れて”)
 CASE “AAA”       // 文字
  FUKIDASI(“AAA”)
 CASE wkmoji       // 変数
  FUKIDASI(wkmoji)
 CASE 3         // 数値
  FUKIDASI(“3”)
 DEFAULT
  FUKIDASI(“訳わかんないです”)
SELEND
Sleep(3)

// ポップアップメニュ
dim pp[7] = “aaa”, “bbb”, “ccc”, “{111″, “222″, “333}”, “ddd” // 111, 222, 333 は cccのサブメニュ
x = POPUPMENU(pp)
ifb x >= 0
 print pp[x] + “が選ばれた”
else
 print “キャンセルされた”
endif

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す