KINDOFOS関数(OS種別):UWSC,

// OS種別
戻値 = KINDOFOS( [64bit確認フラグ] )
引数
 64bit確認フラグ:
   FALSE: OS種別を示す番号を返す(デフォルト)
   TRUE: OSが 32bit / 64bit かを返す
戻値
 64bit確認フラグ=FALSE(デフォルト): OS種別を示す番号
  10 :NT3.5、 11 :NT4、 12 :Win2000、 13 :WinXP、 14 :Server2003
  20 :Vista、 21 :Server2008、 22 :Windows 7、 23 :Windows 8、 24 :Server2012
 64bit確認フラグ=TRUE: TRUE(64bit OS)/ FALSE(32bit OS)
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す