INPUT関数(値の入力):UWSC,

// インプットボックス
戻値 = INPUT( 表示メッセージ, [デフォルト値, パスワードフラグ, X, Y] ) 
引数
 表示メッセージ: インプットボックスに表示するメッセージ
 デフォルト値: デフォルトの値 として表示
 パスワードフラグ: TRUE にすると文字は全てアスタリスク表示 (デフォルト FALSE)
 X, Y: 表示位置 (デフォルトは中央)
戻値
 入力されたデータ
 (キャンセル時はEMPTY)

 ※ ファイルドロップによりファイル名の設定可 (複数選択時はタブにて結合される)

【例:サンプル】
// 入力された数を階乗計算する
While True
 数 = input(“1~10の間の数を入力してください”)
 ifb VAL(数) = ERR_VALUE
   MsgBox(“数値を入れてください”)
   Continue
 endif
 ifb (数<1) or (数>10)
   MsgBox(“指定範囲内の数を入れてください”)
   Continue
 endif
 break
wend

print 数 + “の階乗の答えは” + Format(階乗計算(数), 10) + “です”  // 10桁分の幅を取り表示
// Mainプログラムはここまで

// 関数定義
function 階乗計算(値)
  ifb 値 = 0 then
    Result = 1
    Exit
  endif
  Result =値 *階乗計算(値-1)  // このように再帰計算もできるよ
fend

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す