GETITEM関数(キャプション文字やリスト等を全て取得する):UWSC,

// キャプション文字やリスト等を全て取得する
戻値 = GETITEM( ID, 種別, [番号, リストビュー列, ディセーブルフラグ] )
引数
 ID: Windowを識別するID
 種別: (複数指定可)
   ITM_BTN     // ボタン、チェックボックス、ラジオボタン
   ITM_LIST    // リストボックス、コンボボックス
   ITM_TAB     // タブコントロール
   ITM_MENU    // メニュー
   ITM_TREEVEW   // ツリービュー (ITM_TREEVIEW でも可)
   ITM_LSTVEW    // リストビュー (ITM_LISTVIEW でも可)
   ITM_EDIT    // エディトボックス
   ITM_STATIC   // スタティク
   ITM_STATUSBAR  // ステータスバー
   ITM_TOOLBAR   // ツールバー
   ITM_ACCCLK    // アクセシビリティ経由でのクリック可能な物
   ITM_ACCCLK2   // アクセシビリティ経由でのクリック可能な物(選択可のテキストも含める)
   ITM_ACCTXT    // アクセシビリティ経由でのテキスト
   ITM_BACK     // ITM_ACCCLK、ITM_ACCTXT  指定時にアクティブにしない
 番号:ITM_LIST、ITM_TREEVEW、ITM_LSTVEW 複数存在時は左上からの順番を指定(-1にて全コントロール取得)
 リストビュー列: リストビュー指定時のリストビューの列を指定 (-1にてカラム名取得)
 ディセーブル:
    FALSE: ディセーブルな物も取得 (デフォルト)
    TRUE: ディセーブルな物はを取得しない
戻値
 取得した数を返す
 取得した情報は配列変数の ALL_ITEM_LIST[ ] に格納される (配列はゼロから)

【例:サンプル】
// 全部のウィンドウ情報を表示する 又アイコン状態のものは元に戻す
数 = GETALLWIN()  // 全IDゲット
Print 数
For i = 0 to 数-1
  print STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_TITLE)   // タイトル表示
  // 状態表示
  print “X=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_X) + “,Y=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_Y)
  print “幅=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_WIDTH) + “,高=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_HEIGHT)
  print “IsICON=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_ICON)
  print “,IsVISIBLE=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_VISIBLE)
  print “,IsACTIVE=” + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_ACTIVE)
  // アイコン状態のものは元に戻す
  If STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_ICON) then CtrlWin(ALL_WIN_ID[i], NORMAL)
Next

// リストボックスに在る物を全て表示する
id = GetID(“Form1″)
for i = 0 to GetItem(id, ITM_LIST, 1)-1
  print ALL_ITEM_LIST[i]
next

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す