GETID関数(指定ウィンドウの ID を返す):UWSC,

// 指定ウィンドウの ID を返す
戻値 = GETID( タイトル, [クラス名, 待ち時間秒, MDI子タイトル] )
引数
 タイトル: 識別したいウィンドウのタイトル (タイトルの一部分だけでもOK)
 クラス名: 区別に必要でなければ省略して構いません (前方一致でのみ部分指定可)
 待ち時間秒: 確認できるまで指定された秒数待ちます (0.01~)
         0: 0.1~10秒まで状況や負荷により自動判断 (デフォルト)
        -1: 無期限待ち
 MDI子タイトル: MDIウィンドウ中の子ウィンドウタイトル

戻値
 そのウィンドウを識別するID (NGの時は -1)

 ※ GETID は始めに完全一致のウィンドウを探します
   見つからなければ次に部分一致のウィンドウを探します
 ※ 特別なウィンドウの指定
   GETID(GET_ACTIVE_WIN)    // アクティブウィンドウを返します
      GET_FROMPOINT_WIN   // マウスカーソル下のウィンドウ
      GET_FROMPOINT_OBJ   // マウスカーソル下のオブジェクト
      GET_THISUWSC_WIN   // UWSC自身
      GET_LOGPRINT_WIN   // ログ表示用ウィンドウ
      GET_FUKIDASI_WIN   // ふきだし用ウィンドウ
      GET_FORM_WIN     // フォーム画面ウィンドウ
      GET_SCHEDULE_WIN   // スケジュール”指定Windowが現れた時”でキャッチしたウィンドウ(’別プロセス実行’時はNG)

【例:サンプル】
// メモ帳起動
If MsgBox(“メモ帳を起動しますか?”, BTN_YES or BTN_NO) = BTN_YES then Exec(“notepad”)
// メッセージ
メモID = GETID(“メモ帳”)
Ifb メモID < 0 then
  Fukidasi(“メモ帳は起動されていません”, 100, 100, 1, 16, “MS 明朝”)
  Sleep(5)
  Fukidasi()         // 吹き出し消す
Else
  SendStr(メモID, “メモ帳は起動されています”)
  Sleep(5)
  CtrlWin(メモID, CLOSE)         // メモ終了
  ClkItem(GETID(“メモ帳”), “いいえ”)   // 保存はしない
endif

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す