GETFORMDATA関数(フォームから値取得):UWSC,

// フォーム画面 (Pro版のみ)
// フォームより値取得
戻値 = GETFORMDATA( Name, [Value] )
引数
 Name: オブジェクトのName
 Value: Nameが共通の場合に Valueを指定する
     selectタグにて表示文字ではなく Value値を取得したい場合には FOM_GETVALUE を指定する
戻値
 取得の値
 (押されたSubmit属性のボタンが指定された場合は一度だけ TRUE(1)を返す)

【例:サンプル】
// フォーム画面
// TEST.html として以下があるとする
 

 abcdefg

 

 aaaa
 bbbb

 1111
 2222

 

 
 
 

// OKBtn ボタンが押されたら各入力値を表示する
ifb CREATEFORM(“TEST.html”, “タイトル1”, False, 0, 500, 320) = “OKBtn”
  print GETFORMDATA(“Text1″)
  print “aaaa=”+GETFORMDATA(“Check1″)
  print “bbbb=”+GETFORMDATA(“Check2″)
  print “1111=”+GETFORMDATA(“Radio1″, “V1″)
  print “2222=”+GETFORMDATA(“Radio1″, “V2″)
  print GETFORMDATA(“Select1″)
else
  print “キャンセル”
endif
print

// 返されるCOMオブジェクトにて値を変更、画面が閉じるまで待つ
obj = CREATEFORM(“TEST.html”, “タイトル2”, True, 0, 500, 320)
SETFORMDATA(True, “Check2″)    // Check2 を Onに変更
SETFORMDATA(“yyyyy”, “Select1″)  // Select1 を “yyyyy”に変更
SETFORMDATA(“カキカキ”, “Text1″)  // Text1 を “カキカキ”に変更
while obj.Visible         // ボタンが押されて画面が閉じるまで待つ
  Sleep(0.2)
wend
print GETFORMDATA(“Text1″)
print “aaaa=”+GETFORMDATA(“Check1″)
print “bbbb=”+GETFORMDATA(“Check2″)
print “1111=”+GETFORMDATA(“Radio1″, “V1″)
print “2222=”+GETFORMDATA(“Radio1″, “V2″)
print GETFORMDATA(“Select1″)
if GETFORMDATA(“OKBtn”) then print “OK”  // ボタンには 一度だけTrue(1)が設定される
if GETFORMDATA(“CancelBtn”) then print “Cancel”
print

// 20秒間まってから画面を閉じる
obj = CREATEFORM(“TEST.html”, “タイトル3”, True, FOM_NOICON or FOM_NOHIDE, 500, 320)
s = IEGETSRC(obj, “Font”, 1)
s = Replace(s, “abcdefg”, “20秒まってね!”)
IESETSRC(obj, s, “Font”, 1)     // 文字の変更
sleep(20)
print GETFORMDATA(“Text1″)
print “aaaa=”+GETFORMDATA(“Check1″)
print “bbbb=”+GETFORMDATA(“Check2″)
print “1111=”+GETFORMDATA(“Radio1″, “V1″)
print “2222=”+GETFORMDATA(“Radio1″, “V2″)
print GETFORMDATA(“Select1″)
if GETFORMDATA(“OKBtn”) then print “OK”  // ボタンには 一度だけTrue(1)が設定される
if GETFORMDATA(“CancelBtn”) then print “Cancel”
obj.Quit         // 画面を閉じる

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す