GETACTIVEOLEOBJ関数(既に起動中のCOMオブジェクトにアクセス):UWSC,

// 既に起動中のCOMオブジェクトに対してのアクセス
戻値 = GETACTIVEOLEOBJ( COMオブジェクト名, [タイトル, 順番] )
引数
 COMオブジェクト名: COMオブジェクト名
 タイトル: 複数時にタイトルで区別(一部でOK)
       Excel, Access, Wordの場合はファイル名を指定  ※IE,Office以外では無効
 順番: IEにてタイトルが同じ時に区別  ※IEのみ有効
戻値
 COMオブジェクト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す