FORMAT関数(フォーマット):UWSC,

// フォーマット
戻値 = FORMAT( 数値, 幅, [小数点桁 or 16進指定] )
引数
 数値: 数値 もしくは文字
 幅: 出力される文字数 (数値より指定幅が大きい時は左側をスペースにて補完)
    数値ではなく文字が指定された場合は その文字で幅分を埋める
 小数点桁 or 16進指定: 表示する小数点桁数、 また -1 が指定された場合は16進数表記にする
戻値
 フォーマットされた文字列

【例:サンプル】
// 入力された数を階乗計算する
While True
 数 = input(“1~10の間の数を入力してください”)
 ifb VAL(数) = ERR_VALUE
   MsgBox(“数値を入れてください”)
   Continue
 endif
 ifb (数<1) or (数>10)
   MsgBox(“指定範囲内の数を入れてください”)
   Continue
 endif
 break
wend

print 数 + “の階乗の答えは” + Format(階乗計算(数), 10) + “です”  // 10桁分の幅を取り表示
// Mainプログラムはここまで

// 関数定義
function 階乗計算(値)
  ifb 値 = 0 then
    Result = 1
    Exit
  endif
  Result =値 *階乗計算(値-1)  // このように再帰計算もできるよ
fend

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す