EVAL関数(文字列評価):UWSC,

// 文字列を評価し値を返す
戻値 = EVAL( 文字列 )
引数
 文字列: 評価(実行)する文字列
戻値
 結果得られた値を返す

 ※ A = B は比較演算として処理、代入式の場合は A := B とする

【例:サンプル】
// EVALにて文字式を解く
a = 2
b = 4
c = 0
EVAL(“c := 3″)  // := 代入
print EVAL(“int(a * b + c – subr() / 2)”)  // int(2 * 4 + 3 – 9.9 / 2) = 6

function subr()
  Result = 9.9
fend

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す