DECODE関数(文字のデコード処理):UWSC,

// IE操作関連

  ( IEオブジェクトの取得には CREATEOLEOBJ, GETACTIVEOLEOBJ関数を使用、IEの終了は IEオブジェクト.Quit )

// 文字のデコード処理
戻値 = DECODE( 文字列, 変換指定 )
引数
 文字列: デコードする文字列
 変換指定:
   CODE_URL     // URLデコード
   CODE_UTF8     // UTF-8から戻す
   CODE_BYTEARRAY  // バイト配列から戻す(ANSI)
   CODE_BYTEARRAYW  // バイト配列から戻す(UTF16)
戻値
  デコードされた文字列 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す