CREATEOLEOBJ関数(COMオブジェクト生成):UWSC,

// COMオブジェクト生成
戻値 = CREATEOLEOBJ( COMオブジェクト名 )
引数
 COMオブジェクト名: COMオブジェクト名
戻値
 COMオブジェクト

 ※ COMからメソッド使用時に引数に値取得(OUT引数)がある場合は、引数の変数の前に Var を付ける

【例:サンプル】
// Excelの操作
Excel = CreateOLEObj(“Excel.Application”)
Excel.Visible = True
Workbook = Excel.WorkBooks.Add
for y = 1 to 5
  for x = 1 to 5
    Excel.ActiveSheet.Cells[y,x].Value = y*10 + x
  next
next
PLeneSet = WorkBook.WorkSheets[1].Range["A5:E5"].Borders[4]
PLeneSet.Weight = 3
PLeneSet.ColorIndex = 3
Excel.WorkBooks.Open(FileName :=”e:test.csv”, readOnly :=False)

// IE の表示、その中のリンクアドレスを全て抽出する
IE = CreateOLEObj(“InternetExplorer.Application”)
IE.Visible = True
IE.Navigate(“http://www.yahoo.co.jp/”)   // 指定URL
COM_ERR_IGN                 // COMエラー無視
while True                 // 接続表示待ち
  if (! IE.busy) and (IE.readyState=4) then Break
  sleep(0.1)
wend
COM_ERR_RET                // エラー処理復帰
for i = 0 to IE.document.links.length-1  // リンクアドレスを表示
  print IE.document.links[i].href
next

// c:windows下のディレクトリ表示
fs = CreateOLEObj(“Scripting.FileSystemObject”)
gf = fs.GetFolder(“c:windows”)
for i = 0 to GETOLEITEM(gf.SubFolders)-1 // コレクション取得
  print ALL_OLE_ITEM[i].name
next

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す