CLKITEM関数(アイテムのクリック):UWSC,

// アイテムのクリック 
// (ボタン,メニュー,チェックボックス,ラジオボタン,リストボックス,コンボボックス,タブコントロール,ビューリスト,ツールバー)
戻値 = CLKITEM( ID, アイテム名, [種別, On/Off, 番号] ) 
引数
 ID: Windowを識別するID
 アイテム名: ボタン、チェックボックス、ラジオボタンのキャプションの文字
        もしくは リストボックス、コンボボックスの選択名
        もしくは タブ名
        もしくは メニュー項目名
        もしくは ツリービュー項目、リストビュー項目
        もしくは ツールバー上のボタン名
 種別: チェックするアイテム種別
     CLK_BTN     // ボタン、チェックボックス、ラジオボタン
     CLK_LIST    // リストボックス、コンボボックス
     CLK_TAB     // タブコントロール
     CLK_MENU    // メニュー
     CLK_TREEVEW   // ツリービュー (CLK_TREEVIEW でも可)
     CLK_LSTVEW   // リストビュー (CLK_LISTVIEW でも可)
     CLK_TOOLBAR   // ツールバー
     CLK_ACC     // アクセシビリティ用インターフェース経由によるクリック
     追加オプション
     CLK_SHORT    // 文字省略指定: 部分一致にて検索 (例:CLK_LIST or CLK_SHORT)
     CLK_BACK    // バックグランド実行: ウィンドウをアクティブ化しません
     CLK_MUSMOVE   // マウス移動: マウスをその場所に移動します(CLK_MOUSEMOVE でも可)
     CLK_RIGHTCLK  // 右クリック: アイテムにより右クリックの動作をします
     CLK_LEFTCLK   // 左クリック: アイテムにより左クリックの動作をします
     CLK_DBLCLK   // ダブルクリック: 2段目のクリック動作(1段目としてCLK_LEFTCLK が必要)
     CLK_FROMLAST  // 後ろからサーチ: CLK_ACC 指定時にアイテムを後ろからサーチ
     CLK_CONTINUE  // 前回地点からサーチ: CLK_ACC 指定時に前回の実行地点からサーチ
 On/Off:チェックボックス,メニューでのチェック、およびクリック動作 True=On、False=Off(デフォルトはOn)
 番号: 同名のアイテム名がある場合のオブジェクト順番 (左上から数えたオブジェクト順番[1から指定])

戻値
 TRUE:正常、 FALSE:処理不能 

 ※ アイテム名の最後に付く ニーモニック[(&A)、(&B)...、(&C):等]は要りません
 ※ 種別:省略時は BTN ->LIST ->TAB ->MENU ->TREEVEW ->LSTVEW ->TOOLBAR ->ACC の順でサーチ
 ※ メニュー,ツリービュー: にてパス指定表記可(例:TOPTEMPFILE )ぶつかる物がなければパス指定は不要
 ※ リストボックス: 複数選択の場合は タブにて アイテム名を繋げる
 

【例:サンプル】
// メモ帳の操作
メモ帳id =GETID(“メモ帳”)
ifb メモ帳id <0 then
  MsgBox(“メモ帳が起動してません”)
  Exit
endif

// 置換の実行
SendStr(メモ帳id, “リターンの実行
“, 1, True) // リターン =

SendStr(メモ帳id, “タブの実行 “)       // タブ =
SendStr(メモ帳id, “あああ”)
ClkItem(メモ帳id, “置換”, CLK_MENU)
置換id =GETID(“置換”)
SendStr(置換id, “あああ”, 1, True)     // 検索
SendStr(置換id, “いいい”, 2, True)     // 置換
ClkItem(置換id, “すべて置換”)
ClkItem(置換id, “キャンセル”)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す