CHKIMG関数(画像判定):UWSC,

// 指定画像が画面上にあるかチェック、あればその情報を返す
戻値 = CHKIMG( 画像名, [透過色/色無視, x1, y1, x2, y2, 番号, 色幅] )
引数
 画像名: 画像ファイル名 (BMP形式のみ)
 透過色/色無視:
      0: 指定なし (デフォルト)
      1: 左上、2:右上、3:左下、4:右下 の1ピクセルの色を透過色として処理
     -1: 色を無視して形でチェックする
 x1, y1, x2, y2: サーチ範囲
 番号: 複数ある場合に順番を指定 (左上から)
     -1: -1が指定された場合はヒットした数を戻値として返し、座標情報は ALL_IMG_X[], ALL_IMG_Y[] に格納
        (G_IMG_X、 G_IMG_Y には最後にヒットした位置が入る)
 色幅: チェックに色幅を持たせる (色無視指定時もしくは 16bitカラー以下の場合は無効)
     IMG_MSK_BGR1: 各色(BGR)に対し 2/256の色幅を許す
     IMG_MSK_BGR2: 各色(BGR)に対し 4/256の色幅を許す
     IMG_MSK_BGR3: 各色(BGR)に対し 8/256の色幅を許す
     IMG_MSK_BGR4: 各色(BGR)に対し 16/256の色幅を許す
     IMG_MSK_B1, 2, 3, 4 : 青に対し 2/256, 4/256, 8/256, 16/256の色幅を許す
     IMG_MSK_G1, 2, 3, 4 : 緑に対し 2/256, 4/256, 8/256, 16/256の色幅を許す
     IMG_MSK_R1, 2, 3, 4 : 赤に対し 2/256, 4/256, 8/256, 16/256の色幅を許す
      ※ 演算可 例:IMG_MSK_B1 or IMG_MSK_R3(青に対し 2/256の色幅を許す + 赤に対し 8/256の色幅を許す)
戻値
 有ればTRUE、無ければFALSE
 TRUE の場合は見つかった座標を特殊変数 G_IMG_X、 G_IMG_Y に格納  
 番号にて -1指定時はヒットした数を返し、座標情報は配列変数 ALL_IMG_X[], ALL_IMG_Y[] に格納(配列はゼロから)

 ※ Ver4.8c1以前にて第9引数(可視画面指定)を指定していた場合には、MOUSEORG関数の画面取得指定に MORG_FOREを指定してください

【例:サンプル】
// カーソル位置の色を表示
x = G_MOUSE_X; y = G_MOUSE_Y
c = PeekColor(x, y)
PRINT “赤=”+G_赤(c)+”,緑=”+G_緑(c)+”,青=”+G_青(c)

// タスクトレイのアイコンを左クリック
Ifb CHKIMG(“タスクトレイアイコン.BMP”)
  BTN(LEFT, CLICK, G_IMG_X+5, G_IMG_Y+5)
Endif

// ウィンドウ “あいう”の画像を保存
SaveImg(“あいう.BMP”, GETID(“あいう”))

// 以下 関数
function G_赤(c)
  Result = c and $FF
fend
function G_緑(c)
  Result = (c and $FF00) / $100
fend
function G_青(c)
  Result = (c and $FF0000) / $10000
fend

——————————————————————————–

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す